DocCross Asia

NEWS

活動レポートやトピックス

We’re back! “Talking with the DocCross Asia international co-production team”

第二弾!特別講義「DocCross Asia国際共同制作チームとの語らい」

Report
2021.08.26

Nagoya TV producer Fuminori Murase, Phan Ý Linh and Nguyen Nhat Duy, and Professor Ikegawa Takayuki of Kyoto Institute of Technology
名古屋テレビの村瀬プロデューサー、Phan Ý LinhさんとNguyen Nhat Duyさん、京都工芸繊維大学の池側隆之教授

Following up on a June lecture at Meiji Gakuin University, DocCross Asia was again invited to give a presentation on July 29, entitled “Talking with the DocCross Asia international co-production team.” Professor Ikegawa Takayuki of Kyoto Institute of Technology hosted the remote talk by Nagoya TV producer Fuminori Murase, and Nguyen Nhat Duy and Phan Ý Linh. Thirty-two undergraduate and graduate students of media and design at the Academic Field of Design participated and posed a wide range of questions. (See Project Updates: Filmmaking is “painful but fun!”, July 2021)

Here’s a sample:

  • How does your experience in news reporting apply to documentary production?
  • What are the differences between making feature films and documentaries?
  • How do you get around media suppression when dealing with sensitive topics?
  • What should we keep in mind when making documentaries?

7月29日、京都工芸繊維大学の池側隆之教授の主催で、「特別講義 DocCross Asia国際共同制作チームとの語らい」が開催されました。6月に明治学院大学で行った講義に続き、今回も名古屋テレビの村瀬史憲プロデューサーとベトナム側のパートナー Nguyen Nhat Duyさん、Phan Ý Linhさんがリモートで登壇。デザイン科学域でメディアとデザインを学ぶ学部生と大学院生、合わせて32名が参加し、質疑応答では多岐にわたる質問が投げかけられました。(2021年7月活動レポート:ドキュメンタリー制作は「苦楽(くるたの)しい」!参照)

  • 「報道の経験はドキュメンタリー制作にどう生かされるのか?」
  • 「映画とドキュメンタリーとの違いは?」
  • 「言論への介入があった場合、制作者としてどう対応するのか?」
  • 「ドキュメンタリー制作で気をつけることは?」

Fuminori Murase
村瀬史憲プロデューサー

“I’m a ‘news guy,’” Murase explained, “so the way I shoot footage is rather bland or flat. Shooting in a short time and getting the footage out quickly for broadcast is an ingrained habit. But working with my Vietnamese partners made me realize I've hadn’t been shooting carefully, one cut at a time. I was reminded of the power of images.

“Also, in Japanese TV, we often go out knowing beforehand what we’ll shoot and then fill in the story. But this narrows down the possibilities. With my Vietnamese partners, I must create the story from the footage they shot in Vietnam. That is an exciting experience I never had when working on my own.

“Now I feel I must listen more deeply to my subjects, reconfigure the settings according to the footage, search for new materials, among other things, and that is very stimulating for me.”

「私はニュースの人間なので、映像の撮り方が淡白というか、どうしても平面的になってしまうのです。短時間で撮って放送に早く出すというのが習い性として染み付いていて、ワンカットずつ丁寧に撮ることが疎かになってきていることに気付かされました。映像の持つ力、伝える力を改めて感じています。
また、日本のテレビでは、ある程度何を撮るかを想定して撮りに行き、ストーリーを埋めていくということが多い。現場が持つ可能性を狭めて映像に触れていたのかなと感じるんですね。今回は、ベトナムで撮っていただいた映像から物語を見出していく面白さがあります。映像からいろいろなストーリーが頭を駆け巡る、こういう体験は自分たちだけで制作する時はありませんでした。取材対象者の話をもっと深く聞かなくてはとか、映像に応じて設定を組み直すとか、材料を探し直すとか、そういう刺激をものすごく感じています。」

Images shot by Nagoya TV
名古屋テレビが撮影した映像より

Then Duy, a director who originally worked on fiction films, explained the lure of documentaries.

続いて、もともとフィクション映画の制作者だったディレクターのDuyさんは、ドキュメンタリーが持つ魅力をこう語ります。

Phan Ý Linh and Nguyen Nhat Duy
Phan Ý LinhさんとNguyen Nhat Duyさん

"While you can create a fiction film with your own perspective, making a documentary is a process of discovering other people's perspectives. Then we need to create a story while respecting those perspectives. I met many people in so many different conditions. Each time was a surprising experience and every time I encounter new perspectives, I feel empowered."

「映画は監督一人の視点で作ることが出来ますが、ドキュメンタリーは他者の視点を発見し、尊重しながらストーリーを組み立ていく作業です。私自身、制作を通じて様々な人の人生経験に触れてきました。毎回、発見があり、回を重ねる度に力をもらう気がしています。」

Images shot in Vietnam
ベトナム側で撮影した映像より

Finally, Linh shared her thoughts about the essence of documentary production.

"We focus on the human story. We don’t focus on specific issues, or blame anybody, but we try to lay out a focus on people’s emotions. People's wishes for a better future are not sensitive topics, and there is always a way to depict them.

“The most important thing in portraying people is time and patience. You really need to take time for your protagonist. No rushing. Before shooting, we listen to the subject and understand their psychology, their wishes, and their challenges. Then, to let them express their emotion, we distance ourselves and use a wireless microphone to pick up all their dialogue. Even for one minute of footage, we must hold the camera for hours to capture the words and expressions that reveal their thoughts. It's a lot of work, but if you're flexible enough to change the story according to what you get, it will be an exciting time, full of discoveries and surprises."

This kind of international co-production, conducted remotely due to the pandemic, also requires patience and flexibility. So we were particularly struck by the filmmakers’ words conveying the excitement of discovering new perspectives:

"Watching the images from the other side for the first time is like opening a jewel box.”

最後に、プロデユーサーのLinhさんからドキュメンタリー制作の真髄を伝えていただきました。

「私たちが重視するのは、ヒューマンストーリーです。人の背景にある特定の社会課題を取り上げるのではなく、飽くまでも感情(Emotion)に焦点を当てるようにしています。より良い暮らしを願うことや夢や希望を持つこと、それ自体は決してセンシティブなテーマではなく、自由に描けるものです。
そして人間を描く上で一番大事なのは、時間と忍耐力です。決して急ごうとせず、撮影前に取材対象者とゆっくり話し合い、胸の奥にある苦しみや希望を知っておくこと。そしてその思いを表に出せるよう、カメラを被写体から離し、ワイヤレスマイクで会話を拾います。例え1分しか使わない映像でも、こうして何時間もカメラを構え、その人の思いが伝わる言葉や表情を捉えるのです。とても大変な作業ですが、現場で撮れた映像に合わせてストーリーを変えていく柔軟性を持って臨めば、それは発見や驚きに満ちたエキサイティングな時間になるのです。」

コロナ禍で国境をまたぐ行き来ができずリモートで行う国際共同制作は、これもまた忍耐力と柔軟性が試される作業。こうした中でも「相手から届いた映像を初めて観る時は、まるで宝石箱を開く時のよう」という、日本とベトナム、両方の制作者から聞かれた言葉は、「新たな視点」に触れる瞬間のときめきを表す前向きな言葉として、とても印象的でした。

32名の学生さんがオンライン特別講義に参加
Thirty-two students attended the online lecture

Feedback from students

講義の後に届いた感想

The students were eager to share their comments in writing. Here are just a few of them:
講義の後に届いた学生さんの感想を一部ご紹介します。
  • "I was interested to hear the Japanese producer say that this unique project made him aware of his arbitrary gaze. The creative impact of coincidence is often discussed, especially in the world of art, but I learned that it also plays a powerful role in documentary production, which lies somewhere between ‘creation’ and ‘news reporting’."
    「国を超えた共同制作という特殊な作業により、普段の制作における恣意的なまなざしを自覚したというお話がとても面白かったです。偶然性が創作に与えるインパクトは特に芸術の世界でよく語られますが、創作と報道の間にあるようなドキュメンタリーの制作でもその力は偉大なのだと感じました。」
  • "In most of our assignments, we choose people who fit the story. But in this project, the story emerges from the individual, giving me a fresh perspective on production. It was a great learning experience to hear from professional filmmakers.”
    「普段私たちが行う課題では、ストーリーから人を選ぶことがほとんどです。しかし今回紹介いただいたドキュメンタリーは、個人からストーリーを紐解いていくもので、動画制作の手法として新たな視点を教えていただきました。プロの貴重な言葉を聞くことができて大変勉強になりました。」
  • "When making a film, I am often worried that I’ll lose my objectivity by watching it over and over. It was interesting that, through the exchange of footage, new perspectives are introduced, which leads to further discovery."
    「映像を制作する中で、私が度々懸念していることは、自分で何回も見返していくうちに薄れてしまう客観的な眼差しです。一つの作品を異なる国が協力して制作することで、映像の交流を通して他の視点が入り、それが更なる気付き、発見に繋がるところが大変魅力的だと感じました。」
  • "I’ve been struggling during the pandemic. It was a good opportunity for me to learn that it has led to a new form of international collaboration.”
    「コロナ禍で私自身もやりたかったことができなくて苦しかったこともあるが、こんな新たな海外とのコラボレーションの形があるということを知ることができる良い機会となった。」
  • "I often feel the inconvenience of studying remotely, but I realized that we can be creative and communicate closely even without meeting in person. I want to be flexible enough to deal with projects regardless of form."
    「リモートの不自由さを感じることも多いですが、実際に会うことができなくても、密なコミュニケーションを取りながらクリエイティブな制作をすることは可能だと気づかされました。様々な形態で行われるプロジェクトに対応できる柔軟な姿勢を持てるようになりたいと感じました。」
  • "The filmmakers seemed to enjoy receiving footage shot from different perspectives. The discovery of new points of view leads to new ideas, and I feel that this process is an important part of the project."
    「制作者同士が異なる視点から撮られた映像が送られているのを楽しみながらプロジェクトに取り組んでいることがわかりました。新たな視点の発見は新しいアイディアにつながり、このプロセスが作品制作において非常に重要な役割を持っていることを学べました。」
The 90-minute session offered a deep dive into the essential elements of documentary production. We are very grateful to Professor Ikegawa and all of his students for giving us this precious opportunity. The production team will continue to shoot and engage in interviews until the premiere in December. We can’t wait to see what they achieve!
ドキュメンタリー制作のエッセンスがギュッと詰まった90分。貴重な機会を作ってくださった池側先生、そして研究室の皆さん、ありがとうござました。制作チームは、12月の成果発表に向けて今後さらに取材とロケを進めていきます。作品の完成を、どうぞ楽しみにしていてください。