DocCross Asia

DocCross Asia SELECTION

Selected documentaries related to "multiculturalism" produced by Japanese broadcasters/Southeast Asian filmmakers.

日本各地の放送局/東南アジアで制作された「多文化共生」に関連するドキュメンタリー・セレクション

Noto 2020-Living with Aging and Depopulation

能登2020-過疎を生きる

47 min. Community Agriculture Ishikawa Myanmar Vietnam Indonesia Cambodia
制作・著作 石川テレビ © Ishikawa Television Broadcasting Co., Ltd.
On DocCross Asia Channel until December 27 17:00 JST, 2021 / 配信期間:2021年12月27日 17:00 JST まで
Synopsis
あらすじ

Noto in Ishikawa Prefecture is blessed with rich nature and a unique history and culture. However, with 40% of the population over 65, the region’s economic wellbeing is in danger. The people who now support local livelihoods are technical intern trainees from overseas. They play a big role in sustaining businesses, and some residents say that, without them, the town itself will eventually die.
Noto is an example of what Japan might look like in 20 years, suffering from aging and depopulation. Japan has the highest aging rate in the world, and it will rise even higher by 2040. But aging populations are an international issue. As many countries face labor shortages, more and more of them are looking to close the gap by recruiting young people from Asia.
In 2020 a new crisis hit Noto: COVID-19. Activities in Japan came to a halt, as did the acceptance of trainees from abroad. Some trainees started thinking about leaving Japan for the sake of their families.
Despite the tough situation, the locals and remaining trainees continue to work together to move forward. This program offers a glimpse of what life was like there in 2020.

豊かな自然に恵まれ、独自の歴史と文化を育んできた石川県能登。
しかし、軒並み高齢化率が40パーセントを超え、暮らしが危機に瀕していた。その暮らしを支えているのが外国人技能実習生たちだ。実習生に頼る漁業関係者は「彼らがいなければ基幹産業は廃れ、町も廃れる」と話す。
この深刻な能登の姿は、日本の20年後の姿。高齢化率が28.4%と世界一の日本だが、2040年には更に35.3%に上昇する。
しかし、高齢化は日本だけではない、国際的な課題。アジアの若者たちは、有望な労働者として世界中から引く手あまた。現地の日本法人の担当者たちは今まさに日本が「選ばれる国」か「選ばれない国」か岐路にたっていると危機感をにじませる。実はすでにアジアでは売り手市場となっている。
そんな中、2020年の春、新型コロナウィルスという新たな危機が降りかかる。実習生の受け入れも出来なくなり、コロナの感染拡大で母国に残る家族を不安視し、帰国を考える若者も現われた。人と物がストップしたのだ。それでも、能登では人々が共に手を携え、暮らしを守るために前に歩もうとしていた。そんな能登の2020年を見つめた。

Director’s comment
ディレクターからのコメント

Atsuko Kinoshita / 木下 敦子ディレクター

The inspiration for this production came when I met some young Indonesians at a cherry blossom viewing event in Noto. They were singing a nostalgia-filled version of “Furusato (Hometown)” and it touched my heart. That was when I first encountered the trainees on the squid fishing boat. As I got to know them, I learned that they are crucial in protecting the region’s livelihood. Unscrupulous companies and brokers who consider trainees to be "cheap, disposable labor" are rampant and have become a problem in Japan. However, in Noto, I discovered many heart-to-heart exchanges between locals and trainees. One from Myanmar said, "I want to repay Japan for all it has done for my country.” They taught me that, despite differences in language and culture, we can understand each other. I felt that Noto offers hints about how we can all coexist.

制作のきっかけは能登の花見のイベント。満開の桜の下でインドネシアの若者たちが歌う『ふるさと』は郷愁にあふれ心打たれました。それがイカ釣り船に乗る実習生たちとの出会い。もはや能登の暮らしは実習生の力なしでは立ち行きません。
実習生を「安い労働力・使い捨て」と考える悪質な企業やブローカーが横行し日本では問題にもなっています。しかし、能登には心の交流がありました。ミャンマーの実習生ピョーさんの「ミャンマーのために尽くしてくれた日本に恩返しをしたい」との言葉にはハッとさせられました。言葉や文化の違いはあっても思いは通じる…。能登には共存のヒントがあると感じました。

  • Title / タイトル

    Noto 2020-Living with Aging and Depopulation
    能登2020-過疎を生きる(石川テレビ)

  • Broadcaster / 放送局

    Ishikawa Television Broadcasting Co., Ltd.
    石川テレビ

  • Production year / 制作年

    2020

  • Duration / 分数

    47 min.

  • Director / ディレクター

    Atsuko Kinoshita
    木下 敦子

  • Informaiton / その他情報

    Narrator: Minami Hamabe
    Camera: Toshiya Kimoto / Osamu Mori
    Drone Camera: Keitaro Nakata / Hiroyuki Miki
    Title Design: Sonomi Takakura
    Sound Effects: Ikuzo Ohkawa
    Editor: Yoshikazu Ichinose
    Script: Shinichi Kawakami
    Director: Atsuko Kinoshita
    Producer: Junichi Kitagawa

    Footage provided by:
    Ishikawa Fishery Cooperative Association Ogi Branch
    Noto Anamizu Seishouen Staff

    ナレーション:浜辺美波
    撮影:木本俊也 /森修
    ドローン撮影:中田敬太郎/酒造博之
    タイトル:高倉園美
    音効:大川育三
    編集:一瀬義和
    構成:川上伸一
    ディレクター:木下敦子
    プロデューサー:北川淳一

    映像提供:
     県漁協小木支所
     能登穴水聖頌園スタッフ