DocCross Asia

DocCross Asia SELECTION

Selected documentaries related to "multiculturalism" produced by Japanese broadcasters/Southeast Asian filmmakers.

日本各地の放送局/東南アジアで制作された「多文化共生」に関連するドキュメンタリー・セレクション

The Crescent in Dragon Village

龍の村と三日月

20 min. Community Ethnicity Religion Indonesia
© TV & Film Laboratory of Communication Department, Universitas Islam Indonesia
On DocCross Asia Channel until December 27 17:00 JST, 2021 / 配信期間:2021年12月27日 17:00 JST まで
Synopsis
あらすじ

Lasem, in Central Java, is one of the first towns where the Chinese settled in Indonesia in the 13th century. Today, their descendants, the Chinese-Indonesian and the Javanese live together in harmony, respecting each other's culture, and the town still preserves many buildings with a fusion of architectural styles from both regions. Not only ethnic groups, but also various religions live together, such as Islam, Christianity, and Confucianism, making Lasem a unique multicultural community. But how has the cultural tolerance of its residents been nurtured and passed down from generation to generation? One reason is a local Islamic boarding school -Pesantren-, a special school in Indonesia where students live on the same site with their teachers and are given a holistic education to master Islamic teachings. The film introduces the multicultural town of Lasem through an interview with the local Pesantren leader and explores clues to how different races and religions can live together in peace.

中部ジャワの小さな町、ラセムは、13世紀にインドネシアに渡った中国人が初めて住み着いた町の一つと言われている。中国とジャワの建築様式が融合した建物が多く保存されていることから分かるように、町では今も華人系住民とジャワ人がお互いの文化を尊重しながら共生している。民族だけでなく、イスラム教、キリスト教、儒教など、様々な宗教が共存するのもラセムの特徴だ。この住民の文化的寛容さは、一体どのように育まれ、受け継がれてきたのか。一つには、地元で代々続くイスラム寄宿学校(Pesantren)の存在がある。イスラムの教えを習得するため、生徒と指導者が同じ敷地に暮らし、全人格的な教育が施されるインドネシア特有の学び舎だ。作品では、地元のイスラム寄宿学校の一つを運営する指導者のインタビューを中心に、多文化共生の町ラセムを紹介、異なる人種や宗教が平和に共存するための手がかりを探る。

Director’s comment
ディレクターからのコメント

M.Iskandar Tri Gunawan

Throughout history, conflicts have been repeated in the name of religion, race, or ethnicity. And we know that wariness and hostility toward groups different from ourselves still lurk in people's minds. This film will hopefully serve as a valuable lesson on the importance of maintaining harmony and peace in a multicultural society. Through this film, we can see and reflect that better understanding between parties can be achieved through simple things that happen in our daily interactions. Ultimately, these practices have proven to be the key to reducing conflict and maintaining harmony in our lives together.

これまで人類が経験した紛争の多くは、宗教や人種、民族の名の下で繰り返されてきました。私たちは今も、異なる集団への警戒心や敵意が人々の心の中に潜在することを知っています。社会の調和と平和の維持について、作品に込めた大切なメッセージを学びとっていただけたら何よりです。多文化共生社会に必要な人と人との相互理解とは、日常の中の小さな交流など簡単なことから生まれること。そして最終的には、こうした行動の積み重ねが争いごとを減らし、社会の調和につながるのです。

  • Title / タイトル

    The Crescent in Dragon Village
    龍の村と三日月

  • Production year / 制作年

    2015

  • Duration / 分数

    20 min.

  • Director / ディレクター

    M.Iskandar Tri Gunawan

  • Informaiton / その他情報

    Director: M.Iskandar Tri Gunawan
    Producer: Muzayin Nazaruddin / Ali Minanto
    Researcher: Muzayin Nazaruddin / Ali Minanto
    Cinematographer: M.Iskandar Tri Gunawan
    Editor: M.Iskandar Tri Gunawan
    Music: Heru Blenggor

    ディレクター:M.Iskandar Tri Gunawan
    プロデューサー:Muzayin Nazaruddin / Ali Minanto
    取材:Muzayin Nazaruddin / Ali Minanto
    撮影:M.Iskandar Tri Gunawan
    編集:M.Iskandar Tri Gunawan
    音楽:Heru Blenggor